ベンゾカインで早漏にSTOP!

早漏で悩んでいる方にはベンゾカインという名前はあまりまだ馴染みがないかもしれません。ベンゾカインは早漏にお悩みの方にとっての救世主ともいうべき成分です。

ベンゾカインで早漏を改善した男性

メトヘモグロビン血症の治療

メトヘモグロビン血症とは、血液中にメトヘモグロビンが多い状態のことであり、チアノーゼを起こす代表的な疾患の一つとなっています。
チアノーゼとは唇や爪が鮮やかな赤ではなく、静脈血のような紫色になっている状態を指しているのですが、若い人の場合は肺疾患や心疾患だけでなく、メトヘモグロビン血症が原因となる場合もあります。
メトヘモグロビン血症の急性期には、メチレンブルーの投与や交換輸血、酸素投与などといった治療が行われます。
メチレンブルーはグルタチオン系の還元酵素によってロイコメチレンブルーに還元されることになるのですが、そのロイコメチレンブルーがメトヘモグロビンをヘモグロビンに還元します。
そして、ロイコメチレンブルーがメチレンブルーに酸化されるという繰り返しにより、触媒的な役割を果たしています。
また、メトヘモグロビン血症の原因と考えられる薬剤を中止し、今後の投与を避けるようにするということも大切です。
メトヘモグロビン血症の治療法について詳しく知りたいという場合、インターネットで検索してみると良いでしょう。
ベンゾカイン(アミノ安息香酸エチル)は、エステル型の局所麻酔薬の一種であり、感覚神経を麻痺させて痛みの伝達を遮断するという効能があります。
ベンゾカインは胃腸薬や乗り物酔い防止薬などに配合されたり、軟膏などに配合されて外傷などの際に使用されたりしています。
ベンゾカインを内服すると口の渇きや便秘、下痢などが生じることがありますし、メトヘモグロビン血症を引き起こす可能性もあるため、6歳未満の幼児に使用することはできません。
ちなみに、外用の場合はほとんど副作用がないとされており、安心して使用することができます。